スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デニム「いずれにせよ放ってはいけない」(11回目)

どうも、お久しぶりです。硫化鉄です。

 春休みが終わりいよいよ授業が本格的に始まる時期になりました。
大学の新入生オリエンテーションを終えた学生を見ると
自分も去年はあそこにいたのだと実感する反面、
もう一年が経ったのかと少しセンチメンタリックな気分になります。

 この春休みは買うだけ買ってインテリアと化していた本を読破し、
クリスマスに自分へのご褒美だと買って放っておいたゲームを攻略しておりました。
タイトルはそのゲームの主人公のセリフです。
訳あってカードゲームとは離れているので、今日はこのゲームについて綴っていきます。



 作品は『タクティクスオウガ 運命の輪』というシュミレーションRPG
上のタイトルはこのゲームの主人公デニム君が発言したものです。
何故11回目なのかと言うと、このセリフはとある戦闘前イベントでの選択肢の1つで、
そのイベントと言うのは後々味方になる可能性のある女性の救出戦。
その女性は敵陣のほぼ中央に立っているのでこちらの初期位置から少し遠く、
さらに最悪なことに彼女は敵陣に突貫していくというクソ仕様AIのため、
こちらの回復が間に合わないまま彼女が敵に討たれて
即刻GAME OVERの流れは何度も見てきました。

 一応、イベント自体は飛ばせるのですが毎回選択肢を選ばなければいけないの
この選択肢だけは飛ばせないのです。
恐らく11回じゃすまないぐらいデニム君は先のセリフを言った事でしょう。






しかし、そんな苦労を超えてようやくクリアした時は涙腺が熱くなりました。
まさかゲームで泣くとは思いませんでした。
クリアしたのが深夜でしたのでクリア後のお楽しみは朝にしよう!
と、意気揚々と眠りについたのはよく覚えております。
そして翌朝になって











セーブデータがお釈迦になっているとは思いませんでした


まさかゲームで泣くとは思いませんでした。(2回目)


……
………

皆様も私のようになりたくなければ、ゲーム機は大切に扱いましょう。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。