スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※タイトルを入力してください

どうも。硫化鉄です。
秋学期が始まったばかりだというのに既に来年のゼミの話や
学園祭(私には縁のない話ですが)などで忙しくなってまいりました。
来月になると中間試験や資格試験で滞りがちな更新がさらに滞る可能性が……。
時間がないとか言いつつも、休日には好きなキャラの裏スリーブを作っていたりするんですけれどね
今年も残りわずかとなりましたので、もうひと踏ん張りして生き抜いていきます。

短いですが、TCGの話を一つ。




【THE・告知】
先月末にMTGの方で新しいエキスパンションが発売されました。その名も『イニストラード』
公式サイトによりますとゾンビや吸血鬼が跋扈するゴシックホラーな次元だそうです。
Wizards社の日本語公式ウェブサイトをリンクに追加いたしましたので
興味のある方は是非とも足をお運びください。
※ただし、今回は一部グロテスクなカードも含まれておりますので、私のように苦手な方は注意してください。




余談なのですが、私がMtGと略しているマジック:ザギャザリングですが、
英語の正式ロゴをよく見ると……

Magic:“The”Gathering 

Magic: The Gathering

……正式にはMTGなんですね、ずっとtだと思っていました。OTZ




DMの方ではフルホイルなるパックが本日発売されたようです。
銀枠や金枠は剥がれやすいうえ、すぐに曲がるので恐らく買いません。
収録されている中で強いカードは少し待てば再録される可能性がありますし。
それに、今月はエイリアンエディションを買ってお金の方が……。

それにしても、最近のDMのカードには苦言を呈さずにはいられません。
世界が同じなのにも関わらず、カードの名前に英単語や英記号が表記されていたり、
他にもWILLOWやTENMTHや“なう”が入ったりと遊び心を通り越しておふざけにしか感じられないのは私だけでしょうか。

対象年齢が10歳と低いからと思う事もありますが、大人向けと思われがちなMTGの対象年齢は13歳。
小学4年生と中学2年生の違いしかないのにも関わらずなぜこのように差が開いてしまったのでしょうか。
さすがにこれだけの理由で辞めるというのはあまりにも馬鹿馬鹿しいので辞めはしません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。